Splinterlands(スプラン)|Snipe(スナイプ)とは?アビリティの特徴・使い方

Snipe

Snipe(スナイプ)の特徴

Snipeバトル

Snipeは2列目以降の魔法攻撃・遠距離攻撃・攻撃できないモンスターを攻撃します。

例1
  1. 近接モンスター
  2. 魔法モンスター
  3. 魔法モンスター
  4. 遠距離モンスター

→最初は2を狙い、2を倒したら3を、3を倒したら4を狙う。

例2
  1. 近接モンスター
  2. 近接モンスター
  3. 魔法モンスター
  4. 近接モンスター

→最初は3を狙う。3を倒したら、2列目以降に近接攻撃以外のモンスターが不在なので、1を狙う。

例3
  1. 近接モンスター
  2. 近接&遠距離モンスター
  3. 遠距離モンスター

→最初は2を狙い、2を倒したら3を狙う。

Snipe(スナイプ)の使い方

Snipeによる攻め方

最前列だけでなく最後列にSneakケア用の壁役モンスターを配置し、真ん中に守りたいモンスターを配置することが多いです。

そんな時、Snipeは真ん中にいるモンスターを最初に狙ってくれるので便利。攻撃バフするかSnipe持ちモンスターを複数入れて、狙った敵を1ターンで倒すと良いです。

Snipeに対する守り

Snipe対策編成例

ShieldReturn Fire持ちや、回避性能が高いモンスターを2列目に配置することで、Snipe遠距離攻撃をケアできます。

Snipe持ちの魔法攻撃モンスターは少ないため、警戒することもありません。

Snipe(スナイプ)持ちの代表的なカード

低レベルでもSnipeを習得しているモンスターは多く、ブロンズリーグから活躍するアビリティです。

名前Elementマナ習得Lv
FIRE BEETLEFire31
CHILD OF THE FORESTEarth31
TWISTED JESTERDeath41
CENTAURNeutral41

▼その他アビリティの説明は「アビリティ一覧」をどうぞ。

スプランのアビリティ一覧Splinterlands(スプラン)|早わかりカードアビリティ(能力)一覧