Splinterlands(スプラン)|Sneak(スニーク)とは?アビリティの特徴・使い方

Sneak

Sneak(スニーク)の特徴

Sneakバトル例

2番目以降にいるSneak持ちモンスターは、最後列の敵モンスターを攻撃します。最前列にいなくても攻撃可能です。

近接攻撃モンスターがSneakを使えることが多いですが、ごく一部の魔法攻撃・遠距離攻撃モンスターもSneakを使えます。

Sneak(スニーク)の使い方

最前列に壁役モンスター、後列にサポート役を配置することが一般的であり、SneakやSnipeOpportunityを使って後列から攻めた方が勝ちやすいです。

敵がSneakで攻めてくるのを警戒するなら、最後列にも壁役モンスターを配置すると良いです。

Sneak対策編成例

例えば0コストのFURIOUS CHICKENや、カウンター可能なモンスターや、攻撃回避できるモンスターを配置します。

Sneak(スニーク)持ちの代表的なカード

低レベルでもSneakを習得しているモンスターは多く、ブロンズリーグから活躍するアビリティです。

名前Elementマナ習得Lv
GOBLIN SORCEREREarth31
FERAL SPIRITLife31
SKELETON ASSASSINDeath31
SAND WORMNeutral91

▼その他アビリティの説明は「アビリティ一覧」をどうぞ。

スプランのアビリティ一覧Splinterlands(スプラン)|早わかりカードアビリティ(能力)一覧