Splinterlands(スプラン)|Shield(シールド)とは?アビリティの特徴・使い方

Shield(シールド)の特徴

Shield持ちモンスターは、近接攻撃・遠距離攻撃のダメージを半減(切り上げ)します。

スプランは魔法攻撃が強いゲームです。相手が魔法攻撃モンスターばかりで編成されることも多いので、実はシーンを選ぶアビリティだったりします。

ダメージ計算の例
  • 1ダメージの攻撃 ※Redemption含む
    →ダメージを受けない
  • 2ダメージの攻撃 ※ThronsEarthquake含む
    →1ダメージを受ける
  • 3ダメージの攻撃
    →2ダメージを受ける(1.5を切り上げ)

Shield(シールド)の使い方

Fire(赤)のデッキ編成例1

もっとも近接攻撃・遠距離攻撃を受ける場所、つまり最前列にShield持ちモンスターを配置するのが一般的です。

Shiledを持つ遠距離・魔法攻撃・攻撃できないモンスターを2列目に配置することで、Snipe対策になります。

全体的に攻撃力が低めのブロンズリーグであれば、攻撃力デバフと組み合わせると強いです。敵の攻撃力を1にすればダメージを受けなくなります。

Shield(シールド)持ちの代表的カード

低レベルでもShieldを習得しているモンスターは多く、ブロンズリーグから活躍するアビリティです。

名前Elementマナ習得Lv
LIVING LAVAFire71
LOBSTRADAMUSWater61
SHIELDBEARERLife81
LORD ARIANTHUSNeutral51

▼その他アビリティの説明は「アビリティ一覧」をどうぞ。

スプランのアビリティ一覧Splinterlands(スプラン)|早わかりカードアビリティ(能力)一覧