Splinterlands(スプラン)|Reverse Speed(リバーススピード)の特徴・戦い方

Reverse Speed(リバーススピード)

Reverse Speed(リバーススピード)の特徴

スピードが遅い順に行動するルールです。以下を意識しながら、デッキ編成していきたいです。

  • 低スピードモンスターが活躍する
  • OpportunitySneak持ちモンスターは高スピードの傾向なので、Snipeか最前列への遠距離・魔法攻撃が多い

Reverse Speed(リバーススピード)の戦い方

低スピードで優秀なモンスターを編成しましょう。

Reverse speedの編成例

上画像(下プレイヤー)のように、近接攻撃モンスターが最前列、2列目以降は魔法・遠距離モンスターを配置します。特に1,2列目は壁役モンスターを配置する傾向があります。

このように似た編成になりやすいです。あえてSneakで攻めてみたり、遠距離や魔法攻撃反射を狙い、意表を突くのも良いです。

相性の良いサモナー

YODIN ZAKU

YODIN ZAKU

低スピードの遠距離・魔法攻撃モンスターを後列に配置し、Blastでガンガン攻めていくのが主流です。

LIR DEEPSWIMMER

LIR DEEPSWIMMER

遠距離攻撃が多くなることをケアして、Return Fireで反撃すると良いです。

▼その他バトルルールの説明は「バトルルール一覧」をどうぞ。

スプランのバトルルール一覧Splinterlands(スプラン)|早わかりバトルルール一覧